HOME - 共研ニュース - 共研ニュース7月号 一部掲載

共研ニュース

共研ニュース7月号 一部掲載

共 研 ニュース 平成30年7月

夏は生徒募集の好機ですが、保護者や生徒が塾を選ぶ理由や動機をよく理解する

ことがとても重要に思えます。 塾や先生に信頼感があること、生徒が楽しく

学べる雰囲気の塾がまず選ばれやすいようです。夏本番!善戦を祈ります。

〇夏期テキストのご注文承り中・お届け中です!

効率のいい教材を目標に合わせてお選びください!

〇今までに学んだ内容の復習で基礎を固める

〇苦手教科の克服

〇当面のテスト対策だけでなく、真の実力養成を

〇全国水準の適正な教材を

〇得意分野はさらに強く

夏期テキストの一覧表はカタログ等と同時にお届けしています。7月中旬まで

全点を展示しております。お気軽にご来店ください。

〇高校入試過去問題集もご注文承り中・お届け中です!

前月に案内しましたが全点発売中です。生徒の本気を早く引き出す!

◆旺文社 全国高校入試問題正解 英 語 ¥2,862(税込)

数 学 ¥2,322(税込)

国 語 ¥2,484(税込)

理 科 ¥2,322(税込)

社 会 ¥2,322(税込)

◆廣済堂あかつき「高校入試全国リレー」 5教科各 ¥ 800(税込)

2018年+2019年セット 5教科各 ¥1,110(税込)

◆正進社「最新高校入試問題集」   5教科各 ¥ 770(税込)

◆学 書「かんぺき最新問題集」 5教科各 ¥ 551(税込)

「かんぺき最新問題集」 5科合本+リスニング ¥2,484(税込)

「かんぺき2年間問題集」       5教科各 ¥ 799(税込)

「かんぺき3年間問題集」   5教科各 ¥1,058(税込)

◆文 理「高校入試セレクト」 5教科各   ¥ 605(税込)

「3年間の公立高校入試セレクト」     5教科各 ¥1,242(税込)

○大学入試関係のデータは当社ホームページ「お役立ち情報」へ

鹿児島県・宮崎県の高校別大学合格者数も掲載しました。ご活用ください。

≪関連情報≫ 30年7月 NO.1

◆中高生の英語力が伸び悩み

  政府が毎年実施している、公立中学と高校の英語教育に関する調査結果が4月6日、公表されました。 それによると、中学3年生で英検3級相当以上の英語力を持つ生徒は40.7%、高校3年生で英検準2級相当以上の英語力を持つ生徒は39.3%でした。

どちらの数字も前年度より数%上昇していますが、政府が中学、高校ともに目標として掲げている50%にはまだ程遠いのが現状です。

都道府県別で見ると、中学、高校の両方で目標の50%を超えたのは福井県のみ。同県は、外国語指導助手(ALT)を増員したり、さまざまな機会の中で生徒が英語を使うように促したりしてきました。政府は福井県の成功した取り組みを、他の都道府県にも参考にしてもらう考えです。

◆集中力を高める4つのレッスン (プレジデントファミリー夏号より抜粋)

―集中力こそ学習や仕事の成果を挙げるポイントで、誰もが知っています―

レッスン1.ネガテイブワードは封印

脳には五感で得た情報に「好きだ」「面白い」「もっと知りたい」といった

ポジテイブなレッテルと、「嫌いだ」「つまらない」「やりたくない」という

ネガテイブなレッテルを貼り分ける機能が備わっている。

「無理だ」「あとで」「面倒くさい」「だいたいでいい」などの言葉は、前向で

ポジテイブな心を起こさせない。

レッスン2.いつ?なにを?どこまで?具体的な目標を持つ

「今日は何をするのか」「どれ位するのか」「何時におえるのか」

具体的な目標を親・指導者と共有すると脳のパフォーマンスは高まる。

「一緒にやってみよう」という気持ちで声をかける。

レッスン3.目を見ながら会話をする

気持ちを込めて、きちんと目を合わせて会話し、肯定的な前向きな姿勢が

家庭でも、スポーツのチームワークでも脳の活性化になる。

レッスン4.机の上を片付けてマイゾーンをつくる

集中力を高めるには周りに気が散らない状態がいい。勉強の前に机を片付ける習慣をとりいれる。いつもの場所やスタイルを決めておくことで脳は集中しやすい状態へ準備をはじめる。

◆好奇心に火をつけようー熱中する子がグンと伸びる! (同上誌より)

〇大好きなものが見つかるような契機をつくる。

○まずは好きなことをとことんやらせる。

〇親が後押しして励ます。

〇夏休みの自由研究をキッカケにした例もある。

〇入試でもこれからは思考力・好奇心が問われます。

学費負担なしで医学部を卒業する方法(生活費支給もある)

医学部は難易度も高く、狭き門。もう一つハードルがあります。高い学費です。

総額4,700万円以上かかる大学もあります。でも、医学部志望者が、高い学費を理由に諦めるのは早計です。就学中の全額費を免除され、生活費まで支給されるケースもあります。自治体が設ける地域枠や防衛医科大などです(サンデー毎日記事より)。

 

○南九州三県の医学部地域枠について

卒業後、指定された附属病院や医療機関への勤務が義務付けられますが、その勤務期間を過ぎれば貸与額が免除されます。

 

医学部定員

地域枠募集数

貸与金額・奨学金

資 格

指定医療機関

義務勤務期間

鹿児島

大 学

105

17名+

3名(後期)

総額 9,400万円

総額 7,270万円(後期)

県内高校出身

9年

宮 崎

大 学

110

10名+

13名(特地枠)

1、月額:100,000

2、入学金相当額:282,000

現役・1浪

貸与を受けた

同じ期間

熊 本

大 学

115

5名以内

1、入学料相当額:282,000

2、授業料相当額:535,800

3、生活費月額:75,000

県内高校出身

貸与期間の

1・5倍の期間

上の表のように自治体によって規定や表記が違いますので、詳しくは各県の窓口や大学へ問合せて下さい。

現在では、志望者が多くないようで有利と思われます。ただ、卒業後の勤務について束縛があるのを嫌う例もあるそうですからよく調べて検討される必要があります。

○自治医科大・防衛医科大について(出身高校の地域枠はない)

自治医科大

兵庫県

全寮制

総額2,260万円

指定勤務義務9年

防衛医科大

埼玉県

学生舎共同生活

月額113,300の手当+期末手当

指定勤務義務9年

 

 

※先日、小学6年生の塾生が医学部へ行きたいと希望し、保護者は理由を明らかにされませんでしたが、中学以降の進学校について迷っておられるという話を聞きました。

上記案内は不十分ですが、最近では奨学金助成制度や地方自治体独自の支援制度がある場合や、単独で独自の奨学金制度を設けている大学もあります。

塾の先生方が保護者との面談で、大学以降についてお話しされるとき、制度等を調べる契機になればとご案内しました。