HOME - 共研ニュース - 共研ニュース3月号一部掲載

共研ニュース

共研ニュース3月号一部掲載

共 研 ニュース 30年3月

 

先の教材展示会には寒い中、多数の先生方がお越し下さいまして本当にありがとうございました。

講演会やそのほか、ご意見をお寄せいただけましたら更に改善して参ります。

公立高入試直前で最後の追いこみに全力を傾注しておられることでしょう。

発表の14日には受験生からの朗報が届くことを心から祈っております。

 

《ご注文承り中です!》

◎春期講座テキスト 小学1年〜中学3年まで(一覧表は裏面に)

◎準備講座テキスト[中学・高校] 小学6年用、中学3年用

◎30年度通年テキスト 小学1年〜高校生まで

◎教科別・分野別補助教材 弱点補強、不得意教科の克服!

◎旺文社 「全国高校入試問題正解」の特装版の予約は

3月末までです。(特装版の発売は7月初旬)

普通版 英数国合本¥7,236→特装版¥6,696

普通版 理社合本¥4,266→特装版¥3,880

普通版の各教科別の分冊は国語以外値上りです。(普通版の発売は6月中旬予定)

普通版の教科別も早めにお申し込みいただけると助かります

。◆新年度見本・春期見本は順次お届けして参ります。総合カタログもご参照いただき、ご注文を下さいますようお待ちしております。今後も先生方に役立つ情報とサービスをお届けしながら、日々努力してまいります

≪関連情報≫ H30年3月 NO,1

◆都市部の塾の動き 小学高学年から高校受験対策  (都麦出版情報から)

  小学5・6年生が高校受験に向けて進学塾で学ぶ動きが広がってきた。また中学受験をしない5・6年生を対象とした「公立中進学コース」がある。「高校受験から逆算した学習」をうたい、5年生から国語・算数・英語の授業を展開。高校受験に向けて、基礎的な知識を固めるのが狙いだ。背景には、学習指導要領の改訂がある。学ぶ英単語数は小学校で600〜700語、中学校では現在の1200語から1600〜1800語程度に増える。 「読む・聞く」に「書く・話す」を加えた4技能のバランスが重視される。小学生からの英語学習の積み重ねが、高校受験に影響することになる。 SAPIX中学部も17年9月から5年生の受け入れを始めた。同塾を運営する日本入試センターの高橋淳さんは「小学生の時期から、じっくり思考力や判断力を身につけるのが重要な世代」と指摘する。難関公立高校の競争は激しい。都立高校の最終応募倍率(18年度)は、日比谷高校が2・25倍、青山高校が2・03倍など進学指導重点校に人気が集まった。有名大学への進学実績がある公立高校の人気は根強い(裏面倍率データご参照)。 高校受験も知識の詰め込みだけでは対応できなくなるという不安が、受験勉強を早期化させている。 「How much is it?」 「It is ten dollars!」早稲田アカデミー大宮校で5年生の辻琉維くん(11)は6年生までの2年間で中学校の単元を学び終え、英検3級に臨む。 市進学院は「名門高校受験コース」を開設。6年生には都立トップ校の合格を目指すコースも用意した。入塾時のテストや授業中の様子などをみてコースを分ける。 ターゲットとなるのは経済的な理由などで中学受験はしないが、高校受験で公立の難関校を目指す層。市進学院校長の原園明宏さんは「これまでの公立高校への合格実績をアピールして小学生を呼び込みたい」と話す。中学校で部活動などが忙しくなる前に、学習習慣を身につけさせる。

ただ「小学生の時期に教室以外で学ぶことも重要」との指摘もある。森上教育研究所 森上展安氏。

◆センター試験、変化の兆し ―基礎・基本をしっかりと―

本年度のセンター試験、複数の教科の設問に、2021年から実施される「大学入学共通テスト」を意識した「変化の兆し」が見受けられた。例えば、現代文では本文中の写真をもとに複数の生徒が話し合い、題意に沿った会話を選択させる問題が出た。数学IIBでは「ラジアン」の定義が問われたり、微分・積分の関係の基本をもとに関数を求めさせたりする問題があった。数学IAのデータの分析では問題文中で定義された式が散布図において何を表しているのかをその場で理解した上で解かなくてはいけない問題や、図形の問題で正解を求めるための根拠を問う問題もあった。

英語の要約文選択では会話の登場人物が7人。全員の意見をふまえて答えなくてはいけない問題が出た。 難易度はそれほど高くはなかったが、「思考力・判断力・表現力」を評価することを目的とした共通テストを意識した出題だったといえる。生徒に聞いた範囲では、特に変わったと感じていない生徒が大半だが中には、「IIBの問題開けた瞬間にビックリしましたよ。『ラジアンの定義って何だったっけ』って焦りましたよ」という生徒もいた。 だからといって準備の仕方が大きく変わるわけではないが、今まで以上に基礎基本をきちんと身につけることが必要になる。問題のパターンごとに解き方を覚えるのではなく、「なぜ?」を大切にし、きちんと考える学習姿勢が求められる。 大手予備校の集計で、8割以上の高得点者が減少したという結果が出た。ひょっとしたら「変化の兆し」が影響したのかもしれない。