HOME - 共研ニュース - 共研ニュース5月号一部

共研ニュース

共研ニュース5月号一部

新学期のご注文ありがとうございます。引き続き、通年教材・まとめ教材・復習教材・

用語集・辞典などのご注文を承っております。

〇本年度の主な新刊のご案内!

「高校SPIRAL」 (学書) 英語T・英語U 各¥1814(税込)

数学T・数学A 各¥1814(税込)

数学U・数学B 各¥1814(税込)

高校1・2年向けの通年用テキスト、好評です!先生用ガイドは各¥2030です。

「中学SPIRAL 数学演習問題集」 1〜3年 (学書) 各¥756(税込)

年間40〜44回に細分化された単元構成、レベルは1〜4に分けて学力の定着を図る。

「中学ステップアップセミナー」(学友社 ) 英語・数学 各¥1404(税込)

国語 ¥1296(税込)

社会・理科は改訂版 各¥1404(税込)

基本からの入試サポート、1・2年復習部分も充実して入試レベルまで。

「ウィニングListening & Reading 」 中学1〜3年 (好学出版)

  テキスト1〜3年 各¥540(税込)

  CD1〜3年 各¥1080(税込)

リスニングと読解力の両方を伸ばす指導ができる。これからの入試対応。

「ワイド版ウィニング 数学」 1〜3年 (好学出版) 各¥1296(税込)

書き込みやすくし、計算過程や証明問題のチェックにも使いやすい。

「小学コアキューブ」 算数5〜6年 (好学出版) 各¥1389(税込)

小学校算数の基礎をしっかり固める教材。

「実戦問題集R」 理科 (JES出版) ¥864(税込)

1・2年の内容を効率よく復習する工夫のカリキュラム。

「みるみるわかる社会の要点 歴史」上・下 (都麦出版) 各¥1234(税込)

自学自習でも歴史が楽しくなる。みるみるシリーズの親しみやすい編集。

「3年間の総仕上げファイナルステージ」(文理) 5教科 各¥1458(税込)

基礎から公立高校入試まで、3年間の内容を効率よく学習する。

〇特別ご紹介

★「みかづき」森絵都(直木賞作家) 集英社 ¥1998(税込)

塾での教育に人生を懸けた気高き人々の織りなす長編ドラマ。

塾の経営の苦労や、学校教育の変化を通して、日本の教育の実情が浮かび上がってくるところも本書の読みどころ。既にご購読の先生がいらっしゃるようですがご紹介します。

 

全国学力テスト 4月18日実施 小6・中3対象 全国約3万校

(日常生活に即して出題 今年度は適応力重視)

学校での日常生活に近い場面を設定し、課題への適応力を問う問題が目立った。論理的な読解力や説明力など、過去に課題とされた分野を問う問題が全142問中32問(23%)を占めた。 今年度、問題は国語と算数・数学で、選択式と記述式を含む。知識を問うA問題と活用力を問うB問題が出された。 文科省は8月ごろ、平均正答率などの結果を公表する。

小6の算数Bでは、地域住民に宛てて書いた便箋をきれいに三つ折りするため、等間隔で平行に並んだ4本の直線を使って3等分の点を見つける方法を紹介。同じ考え方を用いて、手紙の用紙に並ぶ13本の平行な直線を活用して3等分の点を求める方法を聞いた。 中3の国語Bでは、生徒が作った本の紹介カードと本の一部の文章を提示。紹介カードで着目していた「比喩を用いた表現」を含む心に残った一文を抜き出し、自分の感想も記述させた。

文科省の担当者は「日常の場面を設定することで、単なる知識ではなく様々な立場での適応力や対応力を測れる」としている。

2015年度の学力テストでは正答率が26.5%と低かった「目的に応じて必要な内容を選ぶ力」の課題も出題された。小6の国語Bでは暑さ対策で学校の壁を植物で覆うために、アサガオの水やりの協力者を募る文章を例示。同級生を説得するのに適した内容を選ばせたり文章を要約させたりした。 小6の算数Bでは「示された式の数字が何を意味しているか」など解釈する力を問う問題の正答率がこれまで低く、今回も類似問題を出題した。このほか数式の規則性について記述する問題を初めて出題。具体例を示しながら、2枚のカードに書かれた数字の差がヒントになっていることを気づかせ、規則性を言葉で説明させた。

《関連情報》

◆道徳の教科書 ―来年度から小学校で正式教科に 「考える」重視

来年度から小学校の正式教科となる「道徳」の教科書がお目見えした。国の教科書検定に合格した8社24点の教科書には多くの「問い」が盛り込まれるなど、「考える道徳」を実現する工夫がみられる。一方で、審査の過程でついた意見を反映することで答えが限定されたり、考える余地が狭まったりした例もあり、検定意見のあり方が今後の課題の一つに浮かんだ。

「考える道徳」は、文部科学省が道徳を教科に格上げするに当たって打ち出した。教材(エピソード)を読むことが中心の従来のスタイルを転換。自分を見つめ、物事を多面的 に考えることで道徳的な判断力や態度を育むことを目指した。

教科書各社はこうした学習の実現に向け、考えさせる問いのほか集団討論や教材の登場人物にふんした役割演技(ロールプレー)をふんだんに取り入れた。